2019年 練習レポート

--------------------------------------------------------------------------------
H30年度第23回練習レポート(2019/1/19)


新年の2回目の練習は文化センターで13:00‾17:00、15名の参加でみっちり4時間の練
習でした。

先ずは、「tico tico」(30分):1st、2ndパートは運指を統一してください。

「ホフマンの舟歌」(15分):1st、2ndのトレモロ部分、各パート1人だけ実音で弾
く。

「世界に一つだけの花」(1時間20分):かつて挫折した曲。今年は仕上げましょ
う。

「ボレロ」(1時間):①、②、③、④、コーダの5つの部分に分けて譜を追い、迷
子になったら各部の頭などを区切りとし復帰するようにする。演奏は7パートで各
パートの中もディヴィジョンしており、総勢16名が必要。本番の不測の欠員への対応
も必要なので、全体合奏とは別に準備する。①のところの各パートのメロディはソロ
で弾く。①の部分の伴奏は全部ピッチカート。②の低音は右手腹でポンと弾く。③以
降は普通に弾く。

―以上―(oba)



--------------------------------------------------------------------------------

H30年度第22回練習レポート(2019/1/5)


謹賀新年。

新年の第一回目の練習でしたが、新年早々少々ハードな練習でしたね。

東地区文化センターの12:00~13:30は全て「ボレロ」を徹底的に練習。9名の参加で
あったが助っ人を含め、何とか7パートをカバー。最初に全編で繰り返されるメロ
ディーを伴奏者も頭にしっかり入れるため、Aメロ、Bメロを何回か全員で弾いた。
特にパート6、パート7の伴奏は、同じような音形が微妙に変化しながら延々続くた
め、すぐ迷子になりがち。数えて追うのではなく、メロディーを聴きながら演奏位置
を押さえていく事が必要。万が一迷子になった時は、メロディーを聴きながら次のメ
ロディーが始まるリハーサルマークのある位置をポイントに復帰する。というような
練習を行った。

引き続き14:00からは14名の参加で東原コミセンにて練習。

先ず「花のワルツ」の3つの編曲を弾き比べ、みんなでどの編曲を採用するか挙手
し、アデーレ編曲の「花のワルツ(二長調)」版で練習する事を一応決めた。引き続
き、再び「ボレロ」の練習で、東地区文化センタ-の練習と同様な練習を行った。よ
れながらも何とか止まらず最後まで流れるようになってきた。その後「真珠とりの
歌」、「マイ・フェバリット・シング」「ひまわり」「tico tico」をサラッと流し
練習を行った。

【連絡事項】

・会の資金的な余裕も若干あるので、6月の平日(水or金)にハーモニーホールを取
り、練習をやりたいとの事。やる方向で具体的な事を今後決める。

(oba)